画像をクリックすると全文と拡大画像が見れます。

【 高校入試 (2)】

2016年3月の高校受験から、
県内の普通科も枠組みがなくなりますので、
どこでも受験することが可能になります。

今年まで、県内は8つの枠組みがありましたので

例えば、防府市在住の人は、徳山高校の普通科を受験することが出来ませんでした。
(理数科は出来ました)

防府から、電車で山口高校に通うには、新山口で乗り換えないといけませんが

徳山高校は、乗り換えなくて行くことが出来ます。

この点だけでも、かなり便利です。

我が家は2人とも防府高校ですが、

自宅が防府市内から7km離れてい・・・
続きを読む
 

【 高校受験について】

中学生をお持ちの方は、高校受験を考えられていらっしゃると思います。

高校受験のことを考えるのは、3年からではなく、1年から始められた方がいいです。

というのも、内申点は1年からいくからです。

だからといって、自分を出さずに、いい子にしないといけないと思われなくて大丈夫です。

あまりの問題行動や犯罪などは言語道断ですが。

受験する高校は、成績で考えるのてはなく、
大学に進学するかしないか、
高校卒業したら働くのか、専門学校か。

など

高校卒業後のことを考えて、決めてください。

25・・・
続きを読む
 

【 褒めることは信じること】

褒め慣れてないと、最初は難しいかもしれません。

褒めるためには、いいところをみて、信じることが出来ること。

しかし、それがなかなか難しい(>_<)

『鶏が先か卵が先か』

という訳ではないですが、褒めることをするか、信じるか

いづれにしても、どちらかをする方が、良好な親子関係を作れます。

なので、どちらかをしない限り、良好な親子関係は作れないというか、作りにくいと思います。

親が子どもを信じることが出来なくて、
どうして子どもが親を信じるでしょう?

子どもをよく観察して、出来てるところを見つけられて・・・
続きを読む
 

【 親子関係と成績は比例する】

子どもは素直です。
なので、環境がいろんなところに影響します。


物理的環境、精神的環境

すべての環境が、行動、成績に影響しています。

もし、今の行動や成績に満足していなかったら

親子関係を、良くする努力をされてみてください。

親子関係を良くする方法は、親が努力するしかありません。

子どもは、行動範囲が狭いです。

親は車に乗り、いろんなところに行くことが出来ますが、子どもは車を運転することさえ出来ません。

これだけでも、親と子どもには差があります。

親子関係は、人間関係です。<・・・
続きを読む
 

【 試験について】

高校は、すべて中間試験が終わり、中学校は今週で
すべて、試験が終わることと思います。


試験の結果も大事ですが、どのくらい努力したかを
評価してあげましょう。

全然、勉強しなくて試験に臨んだ生徒さんは
「勉強しなかったから、出来なかった」
という、反省をしているはずです。

頭ごなしに
「勉強せんかったから、この点になるんよ!」
という言い方は、決してしないでください。

テストは、分かってない部分がどこか、分かるためのものです。

中学生は、高校受験までに、分からないところ・・・
続きを読む
 

【 子どもを信じることが大切です】

「思うように、いかない」と言う方が、いらっしゃいますが本当は、思う通りになっているのです。

マザーテレサの名言に
「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。 」

ということは、思考が運命になる、
ということなのです。
人生も、子育てもまさにコレです。

子どもは、無限大の力を持っています・・・
続きを読む
 

【 子どもがテストを持って帰った時にどうしたらいいか】

今日は、テストをもらった時に、どうしたらいいか

どういうリアクションをしたら、
テストや成績を隠さずに見せてくれるか、を書いていきます。

※反応の仕方で、隠すようになります。



進級して初めてのテスト

中学生、高校生ともに、
1年生になられた子どものお母さん、本人もドキドキしていますよね。



テストを持って返った時、思った以上の点の時と、
思ってたより悪かった時の点と、
両方あると思います。



思った以上の点があった時は、
素直に喜んで褒めることができますよね・・・
続きを読む
 

【 子どもを褒めるための、気持ちの持ち方】

【子どもを褒めましょう】


と、保護者の方に話していますが、


「なかなか、褒めれない」
「褒めるところがない」


など
言われる方が、いらっしゃいます。



例えば、我が家

持久走大会の後や、運動会の後

1等になれなくても、
頑張る姿を見せてくれたことで


「今日はよう、頑張ったね。先生も、よく頑張りました、て言ってくれたじゃろ」


と、言うと次男から

「お母さん、言うちょ・・・
続きを読む
 

【 】

子どもの力を伸ばし、
子どもの持ってる力を、出してあげることができるのは、
物理的、精神的、さまざまな環境
その中でも、母親の影響が強いです。


母親が、子どもと、どう関わるか
これによって、良くもなり、悪くもなります。


ということは、


良くするも、悪くするも、母親になるのです。


お母さんは、


太陽のように、子どもを暖かく照らし


笑顔、プラス思考、人を悪く言わない


子どもを信じて、見守る


怒らない、ガミガミ言わない、肯・・・
続きを読む
 

【 寝る時間を決めて行動する】

いろんなお母さんと話すと
子どもの寝る時間の話になります。


その時、必ず
「睡眠は大事だから、早く寝る方がいい」
という話をするのですが

必ずといっていいほど
「なかなか、早く寝ることが出来ない」

と、答えるお母さんがいらっしゃいます。


その気持ち、とてもよく分かります。


私が言いたいのは、
寝る時間を決めること

が、とても大切なことなのです。


というのも、何度も書いていると思いますが

(1)・・・
続きを読む
 

全74件中の31 − 40件 (4/8ページ) 前ページ / 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8