画像をクリックすると全文と拡大画像が見れます。

【 【良質な睡眠と栄養を】】

勉強やスポーツ

何をするにしても、集中力が大切です。
その、集中力を発揮させるために必要なものが、「良質な睡眠と栄養」になります。

私は、勉強することが大切と思いますが、一日中勉強することには反対です。

というのは、勉強以外で学ぶことも多いから。

1日24時間という時間は、みんな平等です。

勉強が大切だからと、夜遅くまで勉強するのは、本末転倒。

夜遅くまで起きてたらいけない理由は、集中力に影響するからです。

親からしたら、子どもが勉強する姿を見たら安心すると思います。

が、眠いまま3時間勉強するの・・・
続きを読む
 

【 なんでも話せる環境を作る】

周南市で、列車に飛び込んだ男子高校生がいると、今日のニュースで知りました。

こういうことが起こると、いつも考えるのは家庭環境です。

子どもが何かするたびに、何か言うたびに怒ったり、否定をしていると、子どもは何も話さなくなります。

何か悩みがあっても、家族に言うことはないでしょう。

しかし

今回のようなことがあった場合
(究極なことですが)

後悔しても、しきれません。

何があったの?
なんで、話してくれなかったの?

と、頭の中は?(クエスチョン)だらけになります。

本当に、これは・・・
続きを読む
 

【 【身体は食べる物で作られる】】

頭で分かってるつもりでも、なかなか行動できないかもしれません。

現在、リオオリンピックが行なわれてますが、アスリート達は食べ物に神経を使います。

金メダルを取った、萩野選手は身体を作るために、1日7食食べているそうです。

お母さんがずっと、頑張られていたそうですが、途中から断念されて管理栄養士をつけたそうです。

スポーツするから、そこまでしないといけないということもありますが

栄養は、体力だけではなく、知能にも影響があります。

毎日、炭酸ジュースとスナック菓子を食べてる人が、東京大学に合格するかというと、かなり難しいと思います。<・・・
続きを読む
 

【 高校受験について】

夏休みに入りました。

子どもより、親が焦る時期かもしれません。

子どもは、時間の流れが遅いため、下手したら年が開けるまで焦らない可能性があります。

しかし、この時間の流れ方はどうしようもないので、焦れ!と言っても焦りません。

それよりは、

受験に関する情報を話したり、

自分で考えて判断することが出来るようになるために、

自立させてあげることを考えていきましょう。

まず、進学校を受験する予定の方は、

5教科まんべんなく点が取れるよう、勉強することが大切です。

その中でも、今は数・・・
続きを読む
 

【 大学受験について】

早めの対策が必要です。

大学のオープンキャンパスは、高校1年から複数行くことをオススメします。

大学受験のことを早くインプットすることで、行動を起こしやすくするからです。

私立大学は、我が家は受けてないので、分からないことが多いのですが

いろんな方からの情報を聞くと、1つの私立大学を受験するのに
複数の方法があるとのこと。

○センター利用
○センター利用しない
○推薦
○センター利用した推薦
など

推薦やAO試験は、国公立大学にもあり、学部によって

○推薦試験のみ
○センター試験利・・・
続きを読む
 

【 出来ないところより、出来るところを見ていきましょう】

どういうわけか、親は自分の子どもには、厳しくみてしまいがちです。

「これが出来ない」
「あれが出来ない」

と、目につくのは、出来ないところばかり。

「もっと、しっかりしてくれたらいいのに」
「活発になってほしい」

などなど

いいところが山のようにあっても、出来ないところが目につき、無い物ねだりをしてしまいがちです。

しかし、これを自分がされてる、と思ってみてください。

会社で上司から、同じように思われて嬉しいでしょうか?

口に出されなくても、そう考えられていたとしたら、決して信頼関係は出来な・・・
続きを読む
 

【 無事に合格しました】

本日は、山口大学の合格発表でした。

我が家の長男は、教育学部(理科)を受験し
合格しました。

前期試験で合格すると、準備に時間があるので嬉しいです。

3年前の娘の時は、推薦→前期→後期と
合格までが長く、合格してから入学まで短かったので

入学金振り込みから書類発送
ノートパソコン購入、入学式用スーツ購入が
バタバタでした。

今日は早速、長男の名前の口座を作りに銀行へ行きました。

奨学金の振り込み口座は、子どもの名前じゃないといけないのです。

娘の時は、私が・・・
続きを読む
 

【 保護者をサポートする塾です】

お陰様で、塾を駅前に移動して丸一年が過ぎました。

もともと、駅から車で10〜15分の自宅2階で15年くらい
個人塾をやっていました。

駅前に移動した理由は、また書きますが
今は思い切って出して良かったと思っています。

自宅で塾をしている時、私(元気チューター西原)はノータッチでした。
(私も自分で起業し、一応個人事業主として仕事をしているため)

しかし、

これまで、自分の子育ての悩みや受験を経験したこと
いろいろなお母さんが悩みをたくさん抱えていること

これらを総合して考えた結果
塾にも、保護者をサポ・・・
続きを読む
 

【 子どものやる気は母親にかかってます】

私の人生の中で

「子育て」

が、キーワードになってから3年が経ちました。

3人の子どもの中で、一番やんちゃな長男(現在高校3年)が
小学校高学年から中学生にかけて
(いわゆる思春期)

「この子は、どうやって育てたらいいんだろう?」
と悩む日々が続き、

読み漁るように、いろんな方の本を10冊20冊と読んでいき
いろんなお母さんに相談して、私の行動と言葉を変えて

ようやく、今のスタイルが確立されてきました。

それまで、子どもたちへの言葉や行動は

ガミガミ怒る
落とす言葉を言う<・・・
続きを読む
 

【 「勉強しなさい」と言う前に大事なこと】

本来、勉強は小学校1年生のときに

保護者が≪習慣化≫させてあげることが必要であり
一番、大切なことなのです。

が、

中学生になってから「勉強」の大切さがわかり
(通知表も5段階評価になるため)

中学生になってから

「勉強しなさい!」

と言い始める家庭が多いです。

この「勉強」のことを言うタイミングも、遅いのですが

まずは、親子の信頼関係を作ることが一番大切なのです。

子どもは必ず、親が喜ぶことをします。

しかし、これは「信頼関係」が作れてるからこそ

・・・
続きを読む
 

全74件中の1 − 10件 (1/8ページ) 次ページ 1 2 3 4 5 6 7 8