<< 一覧へ戻る  ID = 83  
大学受験について


★画像準備中★


早めの対策が必要です。

大学のオープンキャンパスは、高校1年から複数行くことをオススメします。

大学受験のことを早くインプットすることで、行動を起こしやすくするからです。

私立大学は、我が家は受けてないので、分からないことが多いのですが

いろんな方からの情報を聞くと、1つの私立大学を受験するのに
複数の方法があるとのこと。

○センター利用
○センター利用しない
○推薦
○センター利用した推薦
など

推薦やAO試験は、国公立大学にもあり、学部によって

○推薦試験のみ
○センター試験利用した推薦

など、たくさんの受験方法があります。

早めの対策が必要な理由として、受験方法を調べることや、学部によって、試験科目が異なること

高校受験と違い、願書は全て自分で取り寄せ、
お金の振込から願書送付まで、各家庭でやらないといけないのです。

防府高校は、山口大学、山口県立大学を受験する人が多いため
この2校のみ、学校が願書を取り寄せてくれます。
が、用紙は1式しかないので、間違える可能性のある人は
自分で予備の願書を取り寄せておくといいです。

大学や学部によって、合格偏差値が出ています。

偏差値50は、テストが60点平均だったとすると、60点取れてるということです。

しかし、私は偏差値は分かりにくいので、合格点で話していました。

合格クリアの点も、学部ごとに出ています。

進学校を受験する高校受験と違い、教科によって極端な点になってもOKなのです。

なので、得意な教科を満点取り、苦手な教科は、今より20点プラスで取るなど

教科ごとに、目標点を決めて勉強することが大切です。

たとえば
センター900
二次試験500
の場合は、二次試験で挽回することは不可能です。

センター500
二次試験800
の場合は、二次試験で挽回することが可能です。

配点が、どちらが高いかを調べることが大切です。

高校で模試が行われてると思いますが、1年の時は点が取れません。

3年になると浪人生が入ってきます。

3年の2学期の模試でE判定の場合、本番も難しいと思います。

が、高校受験と同様に、志望する大学のランクを落とすのは、センター試験後にしましょう。

ただ、受験する大学を変えても、教科は同じところにしないと、勉強するのが大変です。

後悔しないよう、勉強することが大切ですが、
並行して、いろんな情報を取ることも大切です。