<< 一覧へ戻る  ID = 82  
出来ないところより、出来るところを見ていきましょう

どういうわけか、親は自分の子どもには、厳しくみてしまいがちです。

「これが出来ない」
「あれが出来ない」

と、目につくのは、出来ないところばかり。

「もっと、しっかりしてくれたらいいのに」
「活発になってほしい」

などなど

いいところが山のようにあっても、出来ないところが目につき、無い物ねだりをしてしまいがちです。

しかし、これを自分がされてる、と思ってみてください。

会社で上司から、同じように思われて嬉しいでしょうか?

口に出されなくても、そう考えられていたとしたら、決して信頼関係は出来ないと思うのです。

それよりも、

「今日も、よく頑張ったね!」
「毎日、自分で学校に行ってくれてありがとう(^o^)」

と、子どもにとって、当たり前のことを言ってあげる。

これだけでも、愛情が伝わっていきます。

実際、毎日、送迎するのは大変です。
自分で行って、帰ってきてくれるのは、本当に助かります。

無い物ねだりをせず、今出来てることに目を向けて、言葉をかけていきましょう。