<< 一覧へ戻る  ID = 78  
「勉強しなさい」と言う前に大事なこと

本来、勉強は小学校1年生のときに

保護者が≪習慣化≫させてあげることが必要であり
一番、大切なことなのです。

が、

中学生になってから「勉強」の大切さがわかり
(通知表も5段階評価になるため)

中学生になってから

「勉強しなさい!」

と言い始める家庭が多いです。

この「勉強」のことを言うタイミングも、遅いのですが

まずは、親子の信頼関係を作ることが一番大切なのです。

子どもは必ず、親が喜ぶことをします。

しかし、これは「信頼関係」が作れてるからこそ

親自身
友達が喜ぶことを、してあげようと思いませんか?

親子だから、そんなの関係ないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

が、親子でも同じことなのです。

まずは、

親が子どもを信じること
ここから、スタートします。

信頼関係が出来たら、子どもはぐんぐん成長します。

勉強もするし、積極的な行動を始めます。